子供

初めての生活発表会

こんにちは。takaraです。つい先日息子の生活発表会に行ってまいりました。家での息子の様子を見る限りでは、劇なんてできるのかな、と思っていたのですが、できるものなんですね。子供の成長を感じます。本当幼稚園に通いだすと一気に成長するものなのですね。4月に入園して、もう12月。入園してからというもの、11月になるまで毎日幼稚園についたら泣いていて、教室まで一人で行けなかったのに、最近では一人で教室にも行けるようになり、日々子供の成長を感じるこの頃。そして1年がたつのはあっという間ということ。もうすぐ息子も4歳。子供の成長を見逃さないようにしなくては。

発表会の内容は3匹のこぶた、役は何かな?

そんなこんなで、発表会の内容は、「3匹のこぶた」でしたー。我が息子の役はオオカミさんです!!それはもう完璧でしたよ、家での練習では。いつのころからか、自宅で聞き覚えのない歌を歌いだして、しかも振り付け付きで。日々上達していく毎日。すっかりオオカミさんになりきってましたから。そんな息子の姿を毎日見ていたので、私も本番当日が楽しみで楽しみで。本番前日の夜も、息子自身、楽しみにしてまいた。

いよいよ本番当日、ドキドキわくわく発表会

あれ?!かなり機嫌が悪い?!そして関係ありませんが当日、かなりの大雨が降っておりました。大雨過ぎて発表会当日ということもあり、仕方なくタクシーで幼稚園に向かい、まさかの息子、幼稚園着くなり泣き出してしまい(それも結構な大泣きで)、なかば強引に先生に引き渡したのはいいのですが、、、その時点で私はもう不安しかなかったですよ。引き渡して15分後には劇が始まるのですよ?!その15分の間にオオカミさんの恰好にお着換えして、機嫌が直るなんて思えないですもん。

先生の掛け声とともに子供たち入場。

「子供たちの入場です!拍手でお迎えください!!」と。

あれ?!オオカミさん、一番最初に入場なのに我が息子いないぞ?!次に藁のコブタさんたち。次に木のコブタさんたち。最後にレンガのコブタさんたち。そのあと一番最後に副担任の先生に手を引かれて登場。

その瞬間、これは終わったなと思いました。それからというもの定位置に座った瞬間、両手で顔を覆い泣き出してしまい、終始その状態で終わってしまいました。正直、私の気持ちとしては、それはもう残念でなりませんでした。あんなに頑張って練習してたのも見ていたので、私自身とても見たかったのです。ですが、そんな泣き顔も一つの良き思い出。トラブルがあってこそおもしろいものですよ。また来年リベンジです!!そしてなにより子供たちみんな頑張っててとてもかわいかったです。


にほんブログ村