ゲーム

剣が君 百夜綴り PSvita感想

こんにちは。takaraです。この度、剣が君for Vに引き続き、無事剣が君百夜綴りをフルコンプすることが出来ました。剣君1作品目で剣君ファンになり、フルコンプしてすぐこの百夜綴りを購入してプレイしたのですが、もう大大大満足です!!もう胸いっぱいお腹いっぱいです!!思ったよりもものすごくボリュームがあり、内容もとても良かった!!そして、1作品目と2作品目を続けてプレイしたことがとても良かったです。

ではさっそくではありますが、ネタバレありとネタバレなしの感想を書いていきたいと思います。

あくまで私個人の感想です。参考までにどうぞ

ネタバレ無しの感想

今回の剣が君百夜綴りは前作の続編というか、FDとなるのでしょうか。攻略をするというよりは、前作からの物語の続きだったりするので、まずは必ず剣が君をプレイしてから、百夜綴りをプレイすることが必須となっております。百夜綴りは短編集の物語を読み進めていき、読み終わると次の物語が解放されていく感じになっていますので、なんら難しいことはなく、選んだ選択肢によって、勾玉がもらえます。この集めた勾玉でご褒美を入手できます。そして大体1話読むのに、30分ぐらいでしょうか。ボイスなどを、とばしながら読んだら15~20分ぐらいかなと思います。私は、ボイスも全部聞くタイプなので、全部のお話を読むとなると結構なボリュームを感じました。ですが短編集なので、きりがいいところでゲームをやめることが出来て私的には寝る前に布団の中でやることが多かったので良かったなと思いました。そしてなによりもやはりそれぞれのシナリオ自体がきちんと作りこまれているので、内容も申し分ないくらい詰まっていてもう大満足の作品となりました。

ネタバレありの感想

まず今回の『剣が君夜代綴り』という作品は、『○○の書』といった感じで、全12書籍読了するかたちになっております。厳密にいうと、はじめは11書籍で、11書籍読了すると12書籍目が解放されていく形なのですが、その中で、各キャラの『○○の書』というのがあって、前作の続きなどを読む事が出来ます。その11書籍を読み終えると12書籍目が解放されて、12書籍目を読了すると全攻略するかたちとなります。ネタバレありの感想とは書いていますが、あまりネタバレはしていません。この作品は基本ただ読み進めていくだけなので、是非プレイしてほしいですね。

キャラ別(書物別)感想

前作の続きということで、前回攻略した気持ちのままの百夜綴りをプレイしたのですが、全てプレイし終わってみて、前作、あまり好みではなかったキャラの見方などが変わり、前作以上にキャラ達を好きになりました。
なんだろ、やっぱりこの作品はさほど糖度が高いわけではないんだけど、すごく満足感を味わえます。私だけかもしれませんが。
そしてやはりいえる事は、サブキャラ含めとにかくみんな大好きです!!今回のこの作品は、前回のエンド後(剣ルート・君ルート)の続きや、キャラごとの過去編やサブキャラにも焦点をあてたお話です。色々なお話があってとても楽しめます。まずは前回クリアした順に書いていきたいと思います。ほとんどが過去編の感想となっております。

黒羽実彰(cv 前野智昭)『菖蒲の書』

これはみんな共通して言えることかもしれないけれど、過去編は本当に泣けるというか、心を持っていかれますね。実彰さんの過去も切支丹ゆえの、母との別れのシーンだったりとか息子がいる私からしたらもうボロボロ泣きましたよ。それからも生き延びるけど、見た目も目立つため、辛い日々を送ったりと・・・

そして香夜のお店で働いている実彰さんの店主姿、かっこよくて大好きです。

縁(cv 置鮎龍太郎)『梅の書』

百代綴りをやってみて、縁の見方が少しかわったなー。もともと好きではあったけど、前作はチャラチャラしてゆる~い感じのイメージしか残ってないけど、真面目だったころの縁はそれはもう純粋に一番刀を目指していたのに、実父のせいであんなふうになっていったのよ。やはり無理やり一番刀になろうとしてもできないのよ。そのせいで、期待に応えようとした縁は自分自身との葛藤で、真面目さゆえ苦悩が絶えなかったんだと思いました。

私にとって縁がどのエンドが幸せなのか攻略キャラの中で一番悩みましたね。個人的には、記憶をなくしてしまったエンドがなんていうか少し切ない感じですきですけどね。

鈴懸(cv 逢坂良太)『金盞花の書』

もう本当に鈴懸はいい子ですね~。ただ癒されましたよ。だって山に口減らしの為捨てられたのにも関わらず、あんなにいい子に育っているんだもの。少しぐらいひねくれて育ってもいいのに。あと、九十九丸のお父さんが登場したのも私的には結構良かったなー。こういうところでつながってたのかーと思うとなんかうれしくなる。

香夜との絡みとしては、ドキドキする感じではないけど、鈴懸らしくほっこりする感じで、とても癒されました。鈴懸ルートはやっぱり君ルートのエンドが好きだなー。鈴懸らしさが出てる気がする。

鷺原左京(cv 保志総一朗)『紫陽花の書』

はいっ、きました左京さん!!もう左京さんを救いたい気持ちでいっぱいの私。ドキドキしながら読み進めていきましたよ。事件が起こる前まではあんなに姉上大好き可愛い左京も、家族を殺されたことをきっかけに、鬼への復讐を誓う幼い左京さん。そんな左京さんも寺子屋でのお話の中で、鬼に対しての考え方が少しづつ変わっていく様子は、なんとも言えがたい気持ちにさせられました。鬼に対しての憎しみをすぐに消すことは無理だけど、あんなに鬼を憎んでいた左京も少しづつ成長していて、なんかほんと良かったなと。

ですが前作同様、私が一番好きなのは左京さんが家を復興するエンド。もうね、かっこよすぎというか、ギャップ萌え?!普段女性っぽく見える左京さんが、なぜかものすごく男らしく見えるんですよ。もうね、私の心は左京に鷲掴みキュンキュンです。というか基本、左京さんとの絡みはいつもドキドキします。

螢(cv KENN) 『山吹の書』

螢の子供の頃といったら可愛いこと。どこでどうあんな言葉遣いになったのやら。そしてやはり過去編は辛いものがありますね。左京とは逆で、螢は人間に目の前で両親をあんなふうに殺されて・・・・心の傷はなかなか癒えませんよ。でも螢はうまい具合に立ち直って良かったなと思います。その反動であんな感じの言葉遣いになっちゃたのかな。

そして何より香夜との旅行で螢の入浴シーンを見れただけで感無量です(笑)

九十九丸(cv 小野友樹)『彼岸花の書』

九十九丸ー!!今回も九十九丸を最後に読んだのですが、ホント最後のお話が良かった。九十九丸の過去編は、父親である八幡のお話だったりするんだけど、やっぱり家族がらみのお話って泣けますよ。そして一番最後のお話。もう色々良かったなって。

私的にはやはり香夜のお店を継ぐお話が好きですけどね。大人版の九十九丸かっこいいし。ヤンデレマレビトの九十九丸も好きですけどね、というかほぼあれは九十九丸ではなくマレビトにのみ込まれてますけど。

あなたは香夜のお店をついで、幸せになっておくれー!!

『二輪草の書』

この二輪草の書というのは、攻略キャラの2人に焦点をあてたお話です。例えば、縁と実彰のお話や、左京と鈴懸のお話となっていて、他のキャラたちも登場しますが、主に2人のキャラ中心のお話内容となっています。意外な組み合わせの話だったりして、とても新鮮な気持ちでプレイしていました。特に私が好きなペアは、実彰と鈴懸のお話で二人のやり取りの面白さと心温まる内容がすきでした。というか、この二輪草に書のお話どれも全部好き!!みんなのやり取りを見ているだけで、この作品をやって良かったと心から思えました。

『江戸菊の書』

この江戸菊の書はサブキャラに焦点を合わせたお話となっています。家光や辰影、半蔵やハバキ憑きのお話だったりと、お話自体は短いのですが、サブキャラが中心のお話を読めてとても大満足です。欲を言えばやはり家光様と辰影様を攻略したかったなー!!それにしても百代綴りをプレイして思ったけど、家光様、年取ってなくない(笑)⁈いったい何歳なんだろう・・・

『百日草の書』

この百日草の書はすべての書物を読み終えると解放されます。内容としては各キャラが簡単に今までの振り返りを語って終わりになっています。

最後に総評

ストーリー
糖度
スチル
システム
おすすめ
  • ストーリーはもう大満足ですね。思い出を振り返る感じの内容で、全100話の話を読み進めていくのですが、もうお腹いっぱい胸いっぱいで、剣が君の内容が詰み込まれています。
  • 糖度としましては全然高くはないですね。ですが、☆4つをつけたくなる感じです。内容が素晴らしいので私的にはとても満足しました。
  • スチルはもう素晴らしいの一言に尽きます。枚数もさることながら、スチル自体とてもキレイで文句のつけようがありません。
  • システムは・・・本当にめんどくさかった。というか、一度ゲームを終わらせてしまうとまた初めからスタート(名前入力・誕生日入力)しなくてはいけないし、タイトル画面から書籍の画面に移動できればいいのに。なんだかよくわからないシステムでした。
  • おすすめは是非とも剣が君1作品目をプレイした方には全力でおすすめいたします。そして1作品目をプレイして時間が空いてしまっている方はもう一度、1作品目をプレイしてから百代綴りをプレイすることをおすすめします。

まとめ

終わってしまったー!!というかある意味達成感がすごい。これ、FDですよね?!っていいたくなるようなボリュームと満足感です。私はフルコンするまでものすごく時間がかかりました。ただ読むだけならそこまで時間はかからないと思うのですが、私はボイスをきちんときいて進めていくので、長かったー。そして剣が君for vと続けてプレイしたから余計に長く感じたんだろうけど。

剣が君 for V PS Vita感想こんにちは、takaraです。今回の作品『剣が君for v』。私が乙女ゲームを始めた当初、おススメの乙女ゲームをネット検索して、次にプレ...

この作品をプレイして本当に素晴らしい作品だったので、次はどんなソフトをプレイすればいいのだろうか・・・しばらくは剣君の余韻を楽しもうとおもいます。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村