日常

Da-iCE 5th Anniversary Tour BET

BETツアー札幌教育文化会館(2018年11月21日・22日)2Days

こんにちは。takaraです。先日、Da-iCEのライブ「Da-iCE 5th Anversary Tour-BET-」に行ってまいりました!!

まずここで「Da-iCEって誰?!」っていう方のために本当簡単にご紹介したいと思います。

Da-iCEとはどんなグループ?

Da-iCEは、avex managementに所属している、5人組ダンス&ボーカルのグループで、2014年にデビュー。デビューの頃は、顔面偏差値75というキャッチフレーズを掲げていました。当の本人たちは、そういわれるのに抵抗があるようで、番組に出演の際、顔面偏差値75と紹介されるたびに、「事務所に言わされてるだけなんで」、「大人の事情」、とこぼしていました。そんなこともあってか、最近全くきかなくなりました。

メンバー

工藤大輝

北海道小樽出身。1987年6月28日生まれ。リーダー兼パフォーマー。

岩岡徹

千葉県千葉市出身。1987年6月6日生まれ。パフォーマー。

大野雄大

愛知県出身。1989年4月1日生まれ。ボーカル兼パフォーマー。

花村想太

兵庫県出身。1990年8月15日生まれ。ボーカル兼パフォーマー。

和田颯

群馬県伊勢崎市出身。1994年2月3日生まれ。パフォーマー。

本当簡単にご紹介させていただきましたが、5人全員イケメンですよね。
31の専門チャンネル見放題!dTVチャンネル

札幌BETツアー2Days感想

まずはじめに、とにかく最高でした!!私は、この日(Da-iCEライブ)のために1年頑張って過ごしているようなものなので、もう楽しみで楽しみで。この楽しみがなくなったらどうやって過ごしていけばいいのやら・・・。1年に1度、唯一子供を預けて出かける日で、心から楽しめました。うちの夫は、あまり、というか、全然協力的ではないので、ライブ行くのも一苦労ですよ。自分は毎日のように飲み歩いているというのに、私が外出するのは気に食わないようで、ホント嫌な感じなんですよね~。という愚痴はまた違う機会に書くとして。。。

皆さん結構セトリとかアップしてくれているのですが、私は一切見ない派です。見て予習して行くのもいいと思うのですが、楽しさが半減してしまいそうで見ないようにしています。そして今回はなんと札幌2Daysということで、見る必要もありませんよね。続けて2度楽しめるんですから!まさか札幌2Daysになろうとは思ってもいなかったので、ただただ、いい席が当たることを祈ってました。なんせ札幌教育文化会館といえば、なんといっても舞台と客席が近いんです!!ホント前列の人達は目の前ですよ。一度でいいからあんな目の前で見てみたいものですね。はいっ、ということは私の席は2日間とも前の方ではなかったのですが、もともと席が近いのでそこそこ近くで見ることが出来ました!

1日目(21日)感想

まず席に座って祈ること。それは目の前の席の人の身長が高くないことを祈ること。ハイ、1日目無事クリアです。やっぱりいくら後ろになるにつれて徐々に席が登坂になっているとはいえ、私自身、身長が低いほうなので、そこそこ身長が高い人が来るとアウトです。そして帽子!!お願いだからライブ始まったら脱いでほしいー。最近少しづつマナーがなってないきがするのは気のせい?!おしゃれして可愛くしたい気持ちはわかるんだけどね、周りの人のことも考えよう。

そしてオープニング、初めてのパターンだった。映像から始まるのはそうなんだけど、大輝君がなにかで、Flash BackのMVを見ておくとより楽しめるって言っていた意味がわかったよ。そういうことねって。素敵なオープニングではじまり、素敵な曲でライブが終わるんだけど、今回のツアーがBETということで、その日のディラーが5人の中から選ばれるんですよ。そのディラーが最後撮影したりするんですよねー。1日目は工藤大輝君でした。もう工藤さん大好きです。本当素敵な方なんですよ~。そしてサインボールや使用済みタオルなど…欲しかったーーー!!!

そして札幌あるあるだと思うんだけど、いまいち盛り上がりが欠けるんですよね~。メンバーも、札幌はシャイだね~なんて言ったぐらいにして。そんなこんなでライブも終盤、アンコールの時に、雄大君が、皆さん思ってる以上に外、雪景色ですからねって言っていて外出てびっくり!ライブ見ている間にあっという間に雪景色になっていました。とにかく初日はセトリもわかり大好きな曲ばかりで新鮮な気持ちで楽しめました。

2日目(22日)感想

はい、今回も祈りました。どうか前の席に身長の高い人が来ませんようにと。ハイ、2回目も無事クリアでしたー!!そして2日目は通路側の席だったのでとってもラッキーです!だってアンコールの時にメンバーみんなが客席の方に来てくれるので、タッチするチャンスですよ!!もうね、幸せすぎてしばらく夢心地でした。あんな近くで見れてしかも触れて…現実の世界に戻れなかったよ、しばらく。ともあれ2日目ともなると気持ちに余裕ができるんですよね~。色々わかっているから。今回のライブは、映像でもとても楽しませてもらえました。着替えの時の映像とか最高だった。2日目でわかっているはずなのに、面白かったです。そして2日目は1日目と、うってかわってすごく盛り上がりましたよー!!なんだろこの違い。2日間とも同じ内容なのに、盛り上がりが違うだけで、こんなに楽しさも違うんだなーっと改めて実感しましたよ。観客でそう思うんだから、演者側からしたら全然テンション変わるんだろうな~。ほんっとに楽しかった。



2日目のディラーは岩岡徹君でしたよ。札幌のディラーは年長組でしたね。そして1番グッと来たのが、最後、全て終わって、観客もみんな隣の人と手をつないで「お疲れ様でしたー」とやるのが恒例なんですが、その時に今回のラストの曲、Live goes onという曲が、小さな音でメロディーだけが流れててその曲を観客が手をつなぎながら歌いだして、なんかとても感動しました。

全体的に、盛り上がりに差はあれど2日間ともとても楽しかった。みんなのパフォーマンスがすごくて!!来年まで会えないなんて寂しすぎるー!!ライブが終わって何日間かDa-iCEロス状態でした。魂抜けた感じ。今回のライブDVD早く発売されますように。

まだまだDa-iCE愛を語りたいんだけど、終わりが見えないのでこの辺で。

それではここまで読んでくれてありがとうございました。


にほんブログ村